和柄の成り立ち読本「小町メモ(文様図鑑)」

小町メモ

歌舞伎で使われた柄は流行になるんですよ

矢絣

射ると戻ってこない矢と掛けて江戸時代に結婚式の際この柄の着物を持たせていたといいます。今でも大学の卒業式の袴の柄として人気です。

市松模様

色の異なる四角形を交互に配置した柄。江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が舞台でこの柄の袴を履いていて人気になったのが名前の由来です。

七宝つなぎ

平安時代からある古い文様。円が無限に続く事から平和や円満などを意味する縁起の良い文様。七宝とは仏教では金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・瑪瑙・しゃこの事です。

日本にある模様は海外から来たものも多いんです

渦巻

水や水流の表現によく使われる渦巻き文様は、日本だけでなく世界中で古くから見られる文様です。永遠・誕生・再生を象徴としています。

鱗

三角形を交互に配列した文様です。龍や大蛇の鱗を表していて歌舞伎などで蛇や鬼女などの衣装に用いられています。また魔除け・厄除けなどの象徴ともされています。

青海波

源氏物語にも登場する雅楽の演目の衣装などに使われる文様です。日本で生まれた柄と思われがちですが、カスピ海から中国を経由して到来したようです。海の波のうねりを表し、無限・永遠・神秘を象徴としています。

文様の松竹梅は優劣がなく、みんな縁起がいいんです

松

松は古くから神の宿る神聖な樹といわれ、「節操、長寿、不老不死」の象徴とされてきました。そのため、家紋にも多く取り入れられていて松に由来するものは何十種類もあります。

竹

根を張り次々に新芽を出し真直ぐに成長していく様から、「子孫繁栄」の象徴とされてきました。また、色が青いことから「清浄である」とされ縁起物として着物などにも多く登場しております。

梅

松竹梅・三つとも冬の寒さに耐えることから「極寒の三友」とも呼ばれ、古来めでたいものとされていますが、そのなかでも寒さの厳しい季節に真っ先に花を咲かすその生命力の強さから「気高さ、長寿」の象徴とされてきました。

文様は色々なものから縁起を担いでいて面白いですね

子持縞

太い線で父母、細い線で子供を表しています。太い方の片側に細い縞があるのを「片子縞」両側にあるのを「親子縞」といいます。この模様には子孫繁栄の意味が込められています。

牛蒡縞

牛蒡(ごぼう)を横に並べたような見た目から牛蒡縞といいます。牛蒡は地中に細く長く根を張ることから縁起物とされています。

算盤縞

菱形の図形と縦線で算盤を表現した模様です。江戸時代に算盤が広まり始めた事からできた文様です。算盤は商売繁盛を象徴する道具とされています。

∧閉じる

PAGE TOP